FC2ブログ
関口会計ホームページのリニューアル
HP更新サービスがリニューアルされたことをきっかけに、
関口会計のHPをリニューアルしてみました。

http://sekiguchikaikei.tkcnf.com/pc/

・関口会計のサービスとして目指すところを強調する
・見た目スッキリ

をコンセプトにしてみましたが、どんなもんでしょうか・・・。

まだまだ、あるだけというHPですが、
少しずつ更新していきたいと思います。

このブログもですね(汗)
スポンサーサイト



[2012/04/11 17:12] | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
コストコ
来る8月26日に前橋にコストコがオープンするそうです。

以前、他のコストコに連れていってもらったことがあるのですが、
入るとテレビやらパソコンやらが箱で山積みされています。
それだけで、これは安い!買わなきゃ損だ!!、という気分にさせられます。

また日用品や食料品は、基本的にまとめ売りor大量売りで、
ボールペン50本セットやら、
50個ぐらい入った袋づめのパンやら、
30人ぐらいで食べられそうなケーキやら、
ゴミ袋かと思うような袋に入ったポテトチップスやら。
(かなり誇張もある気もします・・・)

アメリカに行ったことはありませんが、
これぞアメリカンなスーパーマーケット、というイメージです。

ちなみにレジを出たところで売っているホットドックが
これまたアメリカンな感じでおいしかったです。


さてさて会員制のお店なので、入店するには原則として会員になる必要があります。
そのお値段、4,200円・・・・。

ん~、あまり気軽とは言えない値段ではあります。
コストコではどのぐらい安く買えて、
年間何回以上行けば元が取れるか計算しなければなりません。

・・・って、職業病ですね

まぁ計算するのも難しいし、分からない時は行動あるのみ!!
となぜか自分に言い訳!?をしながら、申し込んできました↓
costco.jpg

裏には名前と顔写真が入っています。

今回は早割キャンペーンで、1,000円引きの3,200円。
オープンが楽しみです。



ランキングに参加してます。
記事を読んでほぉと思ったら、
下のボタン↓をポチっとお願いします。


にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
[2011/08/20 10:34] | 群馬の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レシートと領収書
暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

えっと、だいぶご無沙汰しておりました。
暑い中、いつまでも花見のエントリーが最新のままでは(汗)。
まぁ、スタッフの頭の中はいつも花見気分ですが(滝汗)。


さて今日は、レシートと領収書について。

経費として支払ったものについて、
その裏付けの証拠を残しておくことが重要です。

と、改めていうまでもないことですが、
支払ったという裏付け証拠がなければ、
法人税等の経費として認められないことや、
消費税の仕入控除として認められない可能性もあります。

レジから出力されるレシートでは、この裏付け証拠として認められない、
という考え方が、少し昔にはありました。
わざわざ、領収書を切ってください、
とお願いされた方も多いのではないでしょうか。

はたして、レシートではだめなのでしょうか?

法律上の規定をみてみましょう。
法人税法には特段の規定はないのですが、
消費税法で細かい取り決めがなされています。


消費税法 第三十条(一部)
 第一項の規定(仕入れに係る消費税額の控除)は、事業者が当該課税期間の課税仕入れ等の税額の控除に係る帳簿及び請求書等(同項に規定する課税仕入れに係る支払対価の額の合計額が少額である場合その他の政令で定める場合における当該課税仕入れ等の税額については、帳簿)を保存しない場合には、当該保存がない課税仕入れ又は課税貨物に係る課税仕入れ等の税額については、適用しない。ただし、災害その他やむを得ない事情により、当該保存をすることができなかつたことを当該事業者において証明した場合は、この限りでない。

 第七項に規定する請求書等とは、次に掲げる書類をいう。
一  事業者に対し課税資産の譲渡等(第七条第一項、第八条第一項その他の法律又は条約の規定により消費税が免除されるものを除く。以下この号において同じ。)を行う他の事業者(当該課税資産の譲渡等が卸売市場においてせり売又は入札の方法により行われるものその他の媒介又は取次ぎに係る業務を行う者を介して行われるものである場合には、当該媒介又は取次ぎに係る業務を行う者)が、当該課税資産の譲渡等につき当該事業者に交付する請求書、納品書その他これらに類する書類で次に掲げる事項(当該課税資産の譲渡等が小売業その他の政令で定める事業に係るものである場合には、イからニまでに掲げる事項)が記載されているもの
イ 書類の作成者の氏名又は名称
ロ 課税資産の譲渡等を行つた年月日(課税期間の範囲内で一定の期間内に行つた課税資産の譲渡等につきまとめて当該書類を作成する場合には、当該一定の期間)
ハ 課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の内容
ニ 課税資産の譲渡等の対価の額(当該課税資産の譲渡等に係る消費税額及び地方消費税額に相当する額がある場合には、当該相当する額を含む。)
ホ 書類の交付を受ける当該事業者の氏名又は名称


ものすごく大雑把に意訳すると、
(1)消費税法上で経費とするには、原則「帳簿」と「請求書等」が必要です。
(2)「請求書等」には、以下の項目の記載が必要です。
   イ.買ったお店の氏名又は名称
   ロ.買った年月日
   ハ.買った内容
   二.買った金額
   ホ.買った人の氏名又は名称(※)
     (※)小売業等から買った場合は記載がなくてもOK
という条文になるかと思います。

お手元のレシートを見て頂くと、
イ.買ったお店の名称
ロ.買った年月日
ハ.買ったもの
二.買った金額
が記載されていると思います。
これらの記載があれば、レシートでも裏付け証拠として認められます。

実は一昔前のレシートでは、
イ.買ったお店の名称、や、ハ.買ったもの
の記載がなかったので、
裏付け証拠にはならないと、されていたそうです。


さて、領収書にも同様の記載があるかと思いますが、
但し書きで「お品代」といった記載だと、
ハ.買ったもの、が分からない、
という指摘があるかもしれません。
まぁ、実際の税務調査ではそこまで厳密なチェックはないかとは思いますが、
不自然な内容であれば、疑われる可能性があるかと思います。

また、領収書の日付がブランクだった場合、
お店に日付をきちんと入れてもらいましょう。
後から書き加えた場合は、領収書の意味がなくなってしまいます。
(私文書偽造!?)

領収書の金額がブランクだった場合は・・・、
改めて言うまでもないですね




ランキングに参加してます。
記事を読んでふ~んと思ったら、下のボタン↓をポチっとお願いします。

[2011/07/23 12:03] | 税務の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お花見
昨日の前橋はいい天気でした。
お昼休みの時間に、事務所近辺でお花見をしてみました。

桜
事務所近くの広場にある桜です。ちょうど見ごろでした。
ここでは、たまにご近所の方がグランドゴルフをされていますが、
この季節は気持ちがいいでしょうね。

桜2
若宮小学校の桜です。立派な桜の木です。
やはり学校に桜は必須ですね。

梅&桜
途中で見つけました。
個人のおうちですが、梅(でいいでしょうか?)も咲いていました。
この奥には、一本にいろんな色の花が咲いている木があります。
とてもキレイでした。

道路の奥に桜も見えて、いい花見のスポットです。


あ、花見とは言っても、
飲み食いなしで、本当にお花を見ただけですよ。
花粉症持ちですし、
総行程15分ほどのせわしないものです



ランキングに参加してます。
記事を読んでほぉ~と思ったら、下のボタン↓をポチっとお願いします。

[2011/04/14 11:33] | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
義援金・支援物資の税務上の取扱
天気のいい日が続き、前橋でも桜が開花したようです。
のんびりお花見でもしたい陽気ですが、
花粉症の身には、まだまだ厳しい日々が続きます

梅

えっと、これは桜ではなくて梅ですが
青い空にピンクの花がキレイに映えていました。


気分を切り替えて、前向きな話題も載せていきたいですが、
一方で情報提供も、会計事務所の使命と思い込んでおりますので、
引き続き、震災関連のお話をさせてください。


さて、今日は義援金や支援物資を送った場合、
税務上どのように処理をすべきか、
というお話です。

国税庁のHPでも、まとめられていますので、
確実な情報はこちらをご参照ください・・・。

東北地方太平洋沖地震に係る義援金等に関する税務上の取扱いについて
義援金に関する税務上の取扱FAQ

と、ご紹介だけで終わってしまっても・・・なので、
法人が義援金や支援物資を送った場合の取扱いを
簡単にまとめさせていただきました。

細かい要件は、念のため上記リンク先で確認ください。
どこに/何を税務上の取り扱いは?
県の災害本部
義援金
国等に対する寄付金(全額損金)
日本赤十字社
「東北関東大震災義援金」
国等に対する寄付金(全額損金)
中央共同募金会
義援金
国等に対する寄付金(全額損金)
中央共同募金会
「災害ボランティア・NPO活動支援のための募金」
指定寄付金(全額損金)
公益法人
義援金
特定公益増進法人に対する寄付金(一部損金)
認定NPO法人(名簿
義援金
特定公益増進法人に対する寄付金(一部損金)
上記以外の法人や団体
義援金
一般の寄付金(一部損金)
同業者団体
見舞金
全額損金
被災した取引先
見舞金
全額損金
被災者(不特定多数の者)
自社製品
全額損金

集められた義援金が最終的に国・地方公共団体に拠出されるものであることが、
「国等に対する寄付金」(全額損金)として取り扱われます。
募金要綱、募金趣意書、新聞報道、団体HP、預り証などに、
どこに拠出する義援金か、が記載されているものと思われます。


ランキングに参加してます。
下のボタン↓をポチっとお願いします。

[2011/04/06 17:28] | 税務の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>